脳筋男の日常雑記

脳筋男のゲーマーが色々なゲームやアニメについて語ったり自身の雑記を記すブログです

かぐや様は告らせたい【2期】9、10話感想

f:id:aaaa2580:20210204222126j:plain

第9話あらすじは、生徒会新メンバーの伊井野ミコは、自分の理想としていた生徒会生活とあまりに現状がかけ離れているため、生徒会を辞めようと悩んでいた。
彼女の思考回路を熟知している友人の大仏は、これまでに起こったあらゆる勘違いを解き明かそうとしていた。
すると、ミコは生徒会を牛耳っているのはかぐやなのだと勘違いをし始める。いてもたってもいられなくなったミコはかぐやに対して直接真相を暴きに行った。しかしかぐやが悪人でないと確信し、さらに混乱してしまうミコなのであった。

次の話は、最近白銀をあからさまに避けているかぐや。医師から恋煩いという診断を受けてから変に意識するようになってしまった。どうにかしてこの状況を脱したいかぐやは、早坂のアドバイスの元、冷静になれるルーティーンを身に着けた。しかし白銀に避けている理由を問い詰められ焦るかぐやであったが、ルーティーンを会得したかぐやには怖いものなしであった。

次の話は、クラスでも浮いた存在となっている石上。体育祭実行委員に立候補するクラスメイトがおらず、仕方なく立候補した石上。いざ体育祭実行委員の集会に行ってみると、そこはリア充の巣窟だった。なじめそうにない石上であったが、せっかく立候補したからにはととりあえず活動してみることにした。その中で、実行委員による応援で女子の制服を着ることになった石上だが、周りに貸してくれそうな女子がおらず悩んでいると、かぐやが貸してくれると申し出てきた。かぐやの優しさに石上は気づき始めた。

10話あらすじは、最近四宮に避けられ続けている白銀。家庭でも浮かない様子の兄が恋していると気づく圭は、事情が知りたくなるものの、反抗期の為なかなか聞き出せないでいた。すると父が帰宅し、白銀の様子に気づき恋愛相談に乗るも、大人の恋愛事情についていけない白銀であった。しかし、父の助言を信じかぐやに話しかけると、久しぶりに会話できた2人なのであった。

次の話は、体育祭でよさこいを踊る予定の白銀。またもやコーチ役として千花が白銀を見ていたが、形だけこだわろうとする白銀に激怒し、教えることを辞めた。
今回は自力で覚えようと生徒会室で練習していたところにかぐやが現れ、なぜかかぐやがコーチ役となる。そこに千花が現れ、なぜか白銀の取り合いになる。
引っ張られる感覚によさこいの動きを重ねた白銀は、自力でよさこいをマスターできた。

次の話は、体育祭当日。まさかの父登場に驚いている白銀。何としてもかぐやとのエンカウントを避けたい白銀は食堂へ誘導するも、途中でかぐやと遭遇してしまう。そこでかぐやと会話した父は、かぐやが白銀に気があると知り、質問攻めにしてしまう。
すると素直に答えたかぐやは後々、白銀の父と知り、絶句するのであった。

白銀君とかぐや様、近づいては離れの繰り返しでハラハラドキドキしてしまいますね。
お互いにもっと素直になればいいのにと感じつつ、このピュアな感じにどんどんハマってきてしまっています。白銀君のお父さんがいいキャラしていて面白いですね。
これからも2人の仲を詮索してほしい衝動に駆られてしまいました。
このまま2人はどうなってしまうのか気になるところです。