脳筋男の日常雑記

脳筋男のゲーマーが色々なゲームやアニメについて語ったり自身の雑記を記すブログです

かぐや様は告らせたい【2期】5、6話感想

f:id:aaaa2580:20210122221456j:plain

第5話あらすじは、寝不足が解消されて、いつものキツイ目元じゃなくなった白銀。その姿を見て、気軽にクラスメイトからも話しかけられるようになった。
しかし、その目元に違和感を覚えたかぐやは、以前より恋愛相談を受けていた柏木の所へ相談しにいく。「真実の愛とは何なのか?」そのムズ痒い質問に耐える柏木であった。すると、昨日あまり眠れなかった白銀が、かぐやの前に現れ、その眼付きの悪さに再び恋愛感情を覚えるかぐやなのであった。

次の話は、白銀が校歌斉唱で白銀が口パクしていると気づいた千花。問いただすと、音痴なので周りに迷惑を掛けたくないという理由からだった。実際に聞いてみると本当に音痴で、千花は歌唱レッスンをすることに。幾度となく白銀を育ててきた千花であったが、今回ばかりは厳しいと判断したものの、次の校歌斉唱までに完璧に仕上げてきた白銀に涙する千花なのであった。

次の話は、生徒会選挙期間中、他の候補者を蹴落とすべくかぐやは策を練っていた。伊井野ミコに狙いを定め、生徒会室に案内し来年の選挙を応援する代わりに、今年の選挙を降りる条件を突きつけたかぐや。その思惑に気づいたミコは、かぐやと白銀がお似合いのカップルだと皮肉を言うと、かぐやは鵜呑みにして彼女がいい子だと思い、それ以上の攻撃ができず選挙戦を迎えたのであった。


第6話あらすじは、生徒会選挙当日。当選確実であった白銀、それに対し演説に臨むミコだったが、人前ではうまく話せない彼女。それをフォローするように白銀が登壇し、彼女の公約に対しての質疑を交わし、正々堂々と白銀に発言していく見ミコ。
いざ開票されるも白銀の圧勝。しかし今まで遠巻きに彼女を見ていたクラスメイトからの信頼が得られたようだった。
一方白銀は、得票数が僅差なのに少し焦っていた。

次の話は、生徒会に会計監査と庶務を加えようと、伊井野ミコとその友人を誘いに行くも考えさせてほしいという返答。彼女が来るのを待つ白銀であった。そして生徒会メンバーも役職がどうなるのか内心不安に思っていたみたいだった。かぐやも同じ不安で倒れてしまい、保健室で白銀が来るのを待っていた。すると、白銀が保健室に現れ2人きりに。再度副会長に任命されたかぐやは安堵した。そして悩んでいた伊井野ミコも加わり、新生徒会が始動するのであった。

石上くんはミコちゃんを実は陰ながら応援しているのかなと思ったシーンはとても良かったですね。仲良さそうではないですが、この2人がどんな感じになっていくのか個人的に注目しています。白銀くんのいい男感が今回は本当に出ていて、これはかぐや様も惚れる気持ちがわかるというシーンが多数ありました。特に、ミコちゃんの意見を生徒に聞かせるために討論方式で演説に参加したシーンが本当に好きで、こんな先輩が生徒会長の学校は本当にいい生徒が育ちそうと改めて思いました。新生徒会の今後に注目です。