脳筋男の日常雑記

脳筋男のゲーマーが色々なゲームやアニメについて語ったり自身の雑記を記すブログです

かぐや様は告らせたい【1期】9、10話感想

f:id:aaaa2580:20210119020153j:plain



第9話あらすじは、台風が迫っている中、生徒会メンバーは帰宅方法に悩まされることに。
千花とかぐやはお迎えがくるものの、白銀は電車が運休していて帰れない模様。
かぐやの迎えの車で一緒に乗せていこうと考えるも、白銀からお願いされるよう作戦を開始するもののうまく行かず、結局白銀は自分の自転車で台風の中帰ることになった。
校門で白銀を待っていたかぐやは風邪を引いてしまった。

次の話は、翌日かぐやが風邪で休んでしまい、生徒会の誰がお見舞いに行くかをトランプゲームで決めることに。どうしてもかぐやのお見舞いに行きたいと千花はイカサマをするも、白銀に見破られあっさり負けてしまう。白銀が代表していくことになった。

次の話は、お見舞いに行くと、いつものかぐやとは違う様子。メイドの早坂は何もしてはいけないですよと言いつつも白銀を部屋へ案内し、2人きりに。甘えたかぐやがベッドに白銀を誘いこみ、添い寝をしてしまう。目を覚ましたかぐやは白銀を追い出してしまう。
特に何もなかった2人だが、かぐやは苛立ちを隠せずにいた。

10話あらすじは、学園長からの差し入れでケーキをもらった生徒会。しかしケーキは2つしかなく、白銀とかぐやはお互い譲り合うことに。しかし両者一向に引かないまま1時間が経過。これにはこの前のお見舞いでの一件が関係していた。その様子を見ていた石上は怖くなり、千花に助けを求めに行くことに。結果千花が仲を取り持ち一件落着した。

次の話は、この前のお見舞いの一件から、なかなか前のような関係に戻れていない2人。かぐやは以前恋愛相談に乗った生徒に、白銀は石上に、どうしたら仲直りできるかを相談していた。かぐやはなぜ何もされなかったのかというところにもやもやしていた。
白銀は石上に「謝る必要はない」と言われていたものの、もやもやが残っていた。
たまたま廊下ですれ違った二人。白銀は唇を指で触れてしまったことを謝罪。
それに対し、かぐやは白銀の唇を指で触れ、お互い仲直りすることができた。

次の話は、夏休みが迫っている中、どうしてもかぐやとの予定を入れたいと、イベント好きな千花に話を振るも、千花は何とハワイに行くことになっていた。
その後も何とか別のイベントを入れようと試みるも、すべて予定が入っている様子。
諦めかけていたが、石上が白銀と思い出を残せるのもあと少しと名残惜しそうだったので、石上と夏祭りの話を持ち掛けると、かぐやも食いつく。千花は結局予定があり行けず、3人で行くことにしたのだった。

9話に関してはキュンキュンしまくりました。かぐやの風邪で弱っている姿が本当に
可愛くて、これを白銀は耐え抜いたのかと思うと、男の中の漢だなと感心しました。ハラハラドキドキの展開が続いてましたが、仲直りの時、かぐやが唇を指先で触ったときは策士と思いましたが、天然であれをこなせるかぐやはあざといです。
どんどん進展していく二人から目が離せません。